大学職員って主に何をしてるの?部署ごとの仕事内容について語ります

この記事の著者

名前:かなはん 趣味:読書と映画鑑賞 肩書き:現役大学職員 勤務中に昼寝をするポンコツ上司に毎日イライラしながらも、謙虚に低姿勢に日々学生をサポートしている。「大学職員は副業禁止?そんなもん知るか!」精神で、在職中でありながらも、ネットビジネスで起業を始める。現在は、バレても大丈夫なように対策をしながら、外注化を駆使してアフィリエイトサイトを2つ運営中。外注化を開始して、たった1ヶ月で30名の外注さんを採用することに成功。自分の時間を一切使うことなく、記事作成をしている。自分と同じように「辛い仕事を早く辞めたい。」と思っている大学職員の方、日々お仕事を頑張っている方に有益な情報を公開しつつ外注化を薦めている。

最近知った、耳で聞ける神アプリ「オーディオブック」私にとって、本は睡眠導入剤的な存在でした(笑)でも、これなら電車の中でもどこでも聞ける。これで1日1冊、余裕で聞ける。

月額780円で何冊でも聴き放題。

30日間の無料期間もあります。本を読むことに対する苦手意識がめちゃくちゃ減りマウス。

オーディオブック聴き放題なら - audiobook.jp

------------------------------------------------

突然ですが、大学職員って、どんな仕事をしているイメージがありますか?

「学生のサポートをメインに仕事をしてるんでしょ?」

と思う方が多いと思います。

ですが、大学も会社と同じで、それぞれの部署によって仕事内容も異なります。

今回は「大学職員って主に何をしてるの?部署ごとの仕事内容」についてご紹介します。

身バレしない程度に内部事情を語りますが「全部の大学がこうなんだ!」とは思わないでくださいね。

あくまでも、個人的な意見としてご覧ください。

人事部

教員や職員の採用をメインに仕事をしている部署です。

全ての部署の中で一番ピリピリしているので、人事部に移動命令が出た日には退職しますね(笑)

なぜかというと、人事部長に嫌われた時点で行き場がなくなるからです。

あくまでも噂ですが、女性はセクハラ被害もあったそうですよ。

過去には、人事部長が職員に手を出して訴えられたそうです。(すでに退職された人ですがw)

ただ、こういう内容は、大学のイメージがガタ落ちするので、権力とお金でもみ消した的な話は聞いたことがあります。

大人の世界は汚いですね。本当にw

こういう噂も聞いているので、大学内でも絶対に会いたくない存在なんですけど、嫌でも会わないといけない日があります。

それは、創立記念パーティーなどの学校のイベントです。

イベントがある日には、みんなが人事部長にヘコヘコします。

可哀想なことに、ヨイショされることに慣れているので、年々偉そうな感じになられてる感じです。

私は、そこまでしてヨイショしたくない人間(絶対に出世しないタイプww)なので

「謙遜することを忘れたら人間終わりだよな〜。」と思いながら、反面教師として勉強させてもらってます。

もちろん、大学によっては良い人事部長もいると思うので、あくまでも個人的な意見として捉えてくださいね。

ただ「ある程度の権力を握っている人間は、横柄な態度になる。」というのは、大学だけでなく会社でも共通して言えることではないかな?と思います。

キャンディを食べる時の包み紙をはがすときの音も聞こえるくらいシーンとしている部署なので、当然コミュニケーションも十分に取れていません。

そのせいか、職員同士も仲良く喋っているところは見たことないですね(笑)

なので、用事が無い限り極力入りたくない部署ですww

財務部

お金の管理をしている部署です。

学費や職員の給料、学校運営費の計算など、お金に関することが主な仕事です。

どの部署もミスは許されませんが、ちょっとのミスも許されないのが財務です。

計算が苦手な私には、到底できない仕事でございます(笑)

特に、3月は決済などがあるので、忙しい時期になります。

ちなみに、最近、学内で問題になっていることがあります。

それは、学費未納・滞納問題です。

現在、在学生の8割が奨学金を借りていて、経済的に余裕がなく、期限以内に学費を納入できないというケースが多いです。

中には「大学の授業内容に満足していないから納入しない」というケースもあります。

いやいや。

授業に出席してるんだから払わないとダメでしょ?

って思いますよね。普通は。

だって、飲食店に行って

「料理が不味いから、飲食代金払いません。」

と言っているようなものですよ?www

こういう保護者の方への督促業務なども発生するので、精神的に大変な部署です。

また、授業料が未納や滞納という理由だけで、除籍や退学にならないようサポートする必要があります。

ちなみに、過去に財務に質問したいことがあって訪ねた際

「今は忙しいから、あっちへ行け。」と言われ、手でシッシッとされたことがあります(笑)

私以外にも「必要なとき以外は、財務の人には声をかけたくない」と思っている人が多いですね。

庶務部

庶務は、電話対応や書類作成、備品管理、資料作成、データ入力、ファイリング、小口現金管理、コピーなどの事務作業をメインにお仕事をしています。

来客や会議の際のお茶汲みや清掃をするときもあります。

急な来客にも対応できるように、常に綺麗な格好をする必要がある部署です。

学生支援部

文字通り、学生の支援をしている部署です。

クラブ活動や学生寮の管理、文化祭などの学校行事、奨学金以外にも学生をサポートするので、お仕事の幅も広いです。

過去に「学生が万引きをして警察に捕まったけど、親御さんと連絡が取れない。」

という電話がかかってきました。

なので、親御さんの代わりに教職員が迎えに行ったという過去があります。

また、朝の通勤時間に痴漢被害に遭った女子学生を保護したりなど、業務時間外の仕事も多いです。

入学式や卒業式の準備もしないといけない多忙な部署です。

教務事務部

学生の成績や授業の管理をしている部署です。

成績に関わる部署なので、採点のミスがあるとヤバイことになります。

また、教員が採点をミスっていることもあるので、教員との連絡頻度が多い部署です。

教員と連絡を取りたいけど、電話が繋がらないなんてこともあります。

教員についても書きたいことがあるので、別の記事で書きますね。

ちなみに、教務事務部では年に2回会議があるのですが、名指しで叱責されます(笑)

「お前は、ここができていない!」

「なんで、こんなこともできないんだ!?」

など平気で言われる部署なので、ブルーな精神状態で仕事をしている人が多いです。

なので、早期退職も多い部署っていうイメージがあります。

過去には、何人もうつ病になって退職したこともあります。

また、学生から教員に対するクレームも多いので、ストレスが多い部署です。

就職支援部

学生の就職をサポートしている部署です。

自己分析や履歴書の作成、面接練習、時には学生の悩みを聞いてあげる部署でもあります。

学生だけでなく、企業への対応やインターンシップなどの企画も考える必要があります。

過去には、インターンシップ先でセクハラ被害に遭ったり、飲酒を強要されたということで、インターンシップ先の企業を訴えたことがあります。

就職部ということもあり、いつもスーツを着てカチッとしているので、他部署よりも堅いイメージがある部署です。

留学支援部

外国人留学生や海外留学する日本人学生をサポートしている部署です。

英語はもちろん、多言語を使いこなせる人が多い部署です。

英語だけでなく、多言語を使いこなせるなんて羨ましい限りですww

留学だけでなく、海外研修の管理も行なっているので、テロ対策なども考えないといけない部署です。

また、留学先で学生がトラブルに巻き込まれた際の対応も必要になってきます。

そのため、学生支援部と同じように業務時間外の仕事も多い部署になります。

ちなみに、外国人留学生が日本に馴染めるようにパーティーをするので、他部署からは「楽しそうな部署だ」と思われています。

企画・広報部

広報部は、文字通り大学を宣伝している部署です。

広報部の頑張りによって入学者数が変わってきたり、広報の仕方によっては大学のイメージが変わるので、責任が多い部署になります。

また、オープンキャンパスでは広報部を筆頭に学生に指示を出すので、リーダーシップのある人が多いです。

他にも、大学のパンフレットの構成やデザインなども考える部署なので、元々デザイナーをやっていた人も働いています。

外部と内部のやり取りも必要になってくるので、何かと気を遣う部署でもあります。

入試部

学内の部署の中で、一番大変な部署が入試部です。

学費のことや入試だけでなく、他部署の内容も把握しておく必要がある部署です。

何を聞かれても答えられるエリート系が多い部署で、基本的に企画・広報部と力を合わせて頑張っています。

試験会場の準備やオープンキャンパス、学外のイベントなどの行事にも参加しないといけないので、土日に仕事が入ることが多いです

また、入試部の人の印象が悪いと、大学自体のイメージも悪くなるので、辛くても笑顔で対応する必要はあります。

個人的な意見ですが、出世するエリート系の職員が多いので

「私たちは、他部署と違うから一緒にするな。」

というプライドが高い人が多い印象です。

情報システム部

学内のパソコンのメンテナンスをしている部署です。

パソコンに詳しい方が多いので、オタク気質な人が多い印象です。

過去に、全くパソコンに詳しくない人が配属されていましたが、慣れるまでに覚えることが多く、かなり大変だったそうです。

元々、パソコンに詳しい人やパソコン関連の学科に所属していた学生が、そのまま就職するパターンが多いです。

まとめ

人事部は

  • 教員や職員の採用がメイン
  • 人事部長に嫌われた時点で行き場がなくなる
  • 女性はセクハラ被害もある
  • 権力を握っている人間は、横柄な態度になる

財務部は

  • お金の管理がメイン
  • 3月が忙しい
  • 学費の督促業務など、精神的に大変

庶務部は

  • 電話対応や書類作成、備品管理、資料作成などの事務作業がメイン
  • 来客や会議の際のお茶汲みや清掃をするときもある
  • 急な来客にも対応できるように綺麗な格好をする必要がある

学生支援部は

  • 学生の支援がメイン
  • 学生寮の管理、文化祭などのイベントに参加するなど仕事の幅が広い
  • 業務時間外の仕事も多い

教務事務部は

  • 学生の成績や授業の管理がメイン
  • 教員との連絡頻度も多い
  • 年2回会議では、名指しで叱責される
  • 早期退職が多い部署
  • 過去には、うつ病になって退職した人もいる
  • 教員に対するクレームも多いので、ストレスが多い

就職支援部は

  • 学生の就職サポートがメイン
  • 自己分析の仕方や履歴書の作成、面接練習の指導
  • 企業への対応やインターンシップなどの企画も考える必要がある
  • いつもスーツを着てカチッとしているので、他部署よりも堅いイメージがある

留学支援部は

  • 外国人留学生や海外留学する日本人学生のサポートがメイン
  • 英語はもちろん、多言語を使いこなす必要がある
  • テロ対策なども考えないといけない
  • 留学先で学生がトラブルに巻き込まれた際の対応も必要

企画・広報部は

  • 大学の宣伝がメイン
  • 広報の仕方によっては大学のイメージが変わるので、責任が多い
  • リーダーシップのある人が多い
  • 元々デザイナーをやっていた人も働いている
  • 外部と内部のやり取りが必要なので、何かと気を遣う

入試部は

  • 学内で一番大変な部署
  • 他部署の内容も把握しておく必要がある
  • プライドの高いエリート系が多い
  • 基本的に企画・広報部と力を合わせて頑張っている
  • 試験会場の準備やオープンキャンパス、学外のイベントなどにも参加しないといけない
  • 休日返上当たり前
  • 入試部の職員の印象が悪いと、大学自体のイメージも悪くなる
  • 辛くても笑顔で対応しないといけない

情報システム部は

  • 学内のパソコンのメンテナンスがメイン
  • オタク気質な人が多い
  • パソコンに詳しい人が就職する傾向あり
  • パソコン関連の学科に所属していた学生が、そのまま就職するパターンが多い

今回は「大学職員って主に何をしてるの?部署ごとの仕事内容」についてご紹介しました。

大学職員の仕事に興味がある方にとって、何かしら為になったかな?と思います。

あくまでも、実際に働いていて感じたことを書いてみました。

全ての大学に当てはまるわけではないので、個人的な意見だと思ってくださいね。

では、このへんで失礼します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA