人生初の島根で旅行しながらマーケティングについて考えてみた話

この記事の著者

名前:かなはん 趣味:読書と映画鑑賞 肩書き:現役大学職員 勤務中に昼寝をするポンコツ上司に毎日イライラしながらも、謙虚に低姿勢に日々学生をサポートしている。「大学職員は副業禁止?そんなもん知るか!」精神で、在職中でありながらも、ネットビジネスで起業を始める。現在は、バレても大丈夫なように対策をしながら、外注化を駆使してアフィリエイトサイトを2つ運営中。外注化を開始して、たった1ヶ月で30名の外注さんを採用することに成功。自分の時間を一切使うことなく、記事作成をしている。自分と同じように「辛い仕事を早く辞めたい。」と思っている大学職員の方、日々お仕事を頑張っている方に有益な情報を公開しつつ外注化を薦めている。

最近知った、耳で聞ける神アプリ「オーディオブック」私にとって、本は睡眠導入剤的な存在でした(笑)でも、これなら電車の中でもどこでも聞ける。これで1日1冊、余裕で聞ける。

月額780円で何冊でも聴き放題。

30日間の無料期間もあります。本を読むことに対する苦手意識がめちゃくちゃ減りマウス。

オーディオブック聴き放題なら - audiobook.jp

------------------------------------------------

みなさん。

こんにちは。かなはんです。

2日目は、鳥取〜島根に移動し出雲大社などに行ってきました。

今回は第2弾として「マーケティングにも触れちゃう島根旅行記」をご紹介します。

前回は、第1弾として鳥取に行ってきた話をご紹介しました。

こちらで詳しく紹介しています。

人生初の鳥取で旅行しながらマーケティングについて考えてみた話

2019.07.24

青山剛昌ふるさと館

2日目は、一番楽しみにしていた「青山剛昌ふるさと館」へ行ってきました。

よく見ると、笑顔の阿笠博士が運転してます。

ちょっと窮屈そうな感じですけど、大丈夫かな?(笑)

この車の横にある入り口から中へ入ります。

この、青山剛昌ふるさと館もトリパスがあれば、100円引きで入れますよ。

または、ネット上のクーポン画面を見せるだけでも100円引きで入れます。

「なんて素敵なチケットだ!」

と貰った瞬間に思いました。

チケットのデザインも可愛いので、お土産に持って帰りました。

受付を済ませて中に入ると、まずは青山剛昌先生が幼少期どんな子どもだったのか等の絵日記が展示されています。

「小学生の時の植物観察日記まで展示されてる!」

とワクワクしながら絵日記ノートの名前を見ると

かなはん
あれ?青山剛昌って本名なの?

そうなんです!

絵日記ノートの名前には、しっかり「青山剛昌」と書いてありました!

ただ「ごうしょう」では「よしまさ」と読むそうです。

長年コナンファンなのに、全部ペンネームだと思ってました(笑)

剛昌先生、申し訳ないですwww

展示品には、小学4年生の頃に描いた「お母さんの後ろ姿」という絵もありました。

「昔から絵心があるな。」

と思いながら、剛昌先生の歴史を見ていきます。

途中、青山剛昌先生のアトリエも登場します。

実際に椅子に座って写真撮影もできますよ。

ただ、目の前に置いてある物は触っちゃダメなので気をつけてくださいね。

ちなみに、実際に青山剛昌ふるさと館には、ご本人も何度か訪問されています。

実際に、その場で即興で描いた絵も展示されていて感動しました。

「下書きなしで書けるなんて、さすがプロだな!」

と思いました。

オークションに出したら、かなりの高値で取り引きされそうな?(笑)

途中、クイズラリーやゲームをしながら、気づいたら1時間も滞在してました。

最後は、コナン探偵社(お土産コーナー)に行ってアポトキシン4869をゲットしました。

ここでも、トリパスを提示すれば10%引きで購入できます。

このアポトキシン4869の缶ケース、薬入れにちょうど良いんですよね。

すごく頭痛持ちなので、薬を常に携帯しているんですが、薬ケースのサイズが小さいので、このアポトキシン4869の缶に薬を入れることにしました。

飲んだら体が縮んだりして(笑)

もともと背が低いので、これ以上縮んだら困りますけどwww

コナンファンには堪らない場所ですね。

コナンの家 米花商店街

「青山剛昌ふるさと館」だけでなく「コナンの家 米花商店街」もあります。

「青山剛昌ふるさと館」から徒歩10分ほどの距離にあります。

ただ、夏場はクソ暑いので車で移動した方がいいです。

駐車場も無料なので、車で移動するのがオススメです。

この米花商店街には、コナンの家もあります。

実際に玄関のインターホンを押すと、コナンと蘭、新一が出てきてくれます。

絶対に、ピンポンダッシュはしないようにしましょうね(笑)

お土産店もあり、コナン探偵社とはまた違うグッズも売ってましたよ。

安室さんのサンドイッチに、コナンの蝶ネクタイ付きのジュースなどもありました。

お茶でもしながらゆっくり休憩したい方は、寄ってみても良いですね。

そして、近所にはコナン橋もありましたよ。

こんな感じのブロンズ像が色んな場所にあります。

時間があれば寄ってみてくださいね。

水木しげる記念館

ゲゲゲの鬼太郎の生みの親、水木しげる先生の記念館へ遊びに行きました。

途中、メロディーロードがあるんですが、本当にゲゲゲの鬼太郎の曲になってました。

YouTubeにアップしてくれてる人がいたので、動画を貼り付けておきます。

夜に聞いたら、すごく雰囲気出そうですよね(笑)

バックミラーに妖怪映ってたら怖いですww

そして、水木しげるロードに到着しました。

でも、誰もおらん!!(笑)

途中、鬼太郎ハウスというお店があったので、入ろうと思ったら閉まってました(笑)

本当に観光地?と思うくらい誰もいなかったです。

でも、着ぐるみを着た妖怪が暇そうに歩いてました。

「暑い中、ご苦労様です。」

と言ったら、会釈してくれる心優しい妖怪でした(笑)

この水木しげるロードですが、いつも空いているわけではなく、お盆や長期の休みは観光客で賑わっているそうです。

たまたま行った時期が良くなかったのかな?

と思いながら歩いていたら、水木しげる記念館に到着しました。

でも、砂かけババアが座ってる(笑)

あんまり可愛くないというか、むしろ怖いですww

最初「人形が置いてあるのかな?」

と思うくらい、じっとしていたので

「うん?あれ人形か?」

と思っていたら、首がスッと横に動いたんです。

「ひえ〜。やっぱり、中に人間入ってるじゃん!」

とかなり驚きました。

この日、暑かったからだと思いますが、椅子に座って休憩してただけみたいです(笑)

そして、水木しげる記念館に入ると、撮影OKな場所と不可な場所があります。

水木先生の歴史や妖怪図鑑、そして目玉おやじの誕生の秘話まで詳しく知ることができました。

ところで、目玉おやじって、いつも湯飲みの中でお風呂に入ってるイメージがありませんか?

「じゃあ、湯飲みに入っていない時は何をしてるの?」

って不思議に思ったので、キャラクター紹介のコーナーを見ていたら答えが書いてありました。

実は、湯飲みに入ってない時は、鬼太郎の左目に住み着いているそうです。

考えるだけで、目が痛くなります(笑)

そして、全国各地にいる妖怪図鑑などを見ていると中庭に出てきました。

出口付近にある中庭には、鬼太郎の家のオブジェと妖怪ポストがあります。

この妖怪ポストから、ちゃんと手紙を送ることもできます。

記念スタンプのサービスも付けてくれるので、受け取った方は嬉しいですよね。

どんなスタンプが押してあるからは、貰った人にしか分かりません。

とても可愛らしいサービスですよね。

帰りのお土産店では、目玉おやじのタオルハンカチを購入しました。

いつ見ても、目玉のおやっさんは可愛いです。

この水木しげるロードには、遊び心がいっぱいで面白かったですよ。

特に気に入ったのは、この看板です。

遊び心たっぷりで良いですよね。

出雲大社

出雲大社は縁結びとして知られている神社です。

やはり、大きなしめ縄は圧巻です。

あいにくの雨でしたが、それでも観光客は多かったです。

おみくじを引いてる人や御守りを買ってる人もいました。

この日は、雑誌の撮影か何かで、傘をさしたモデルのお姉さんたちもいました。

「雨の日の撮影は大変そうだな〜」

と思いながら見てました。

まがたまや雲玉

元々、アクセサリーが欲しかったので、出雲大社前の参道をウロウロしてました。

途中、勾玉屋さんが何軒かあったので行きましたが、どこも高かったです(笑)

「オーダーメイドも受け付けています。」

と書いてありましたが

普通に販売されているブレスレットやネックレスは、どれも2000円は超えていたので

「オーダーメイドなんてもっと高いだろうな。」

と思って、そこのお店では何も買わずに出ました。

「どこも高いんだったら諦めようかな〜?」

と思っていたときに、まがたまや雲玉さんを見つけました。

中は、こじんまりとしたお店でした。

「ここも、どうせ高いんだろうな〜。」

と思って商品の値段を見てみると

「あれ?他のお店に比べて比較的安くない?」

と思って、店内をキョロキョロ見ていると、小ぶりの勾玉ネックレスを発見しました。

「お!めっちゃ可愛い!オーダーメイドでもそんなに高くないかも?」

と思い、お店のお姉さんに声をかけてみました。

かなはん

あの〜

ネックレスを作りたいんですけど、オーダーメイドって可能ですか?

お店の人

はい!

あちらにあるボックスからお好きな石を選んで頂けますよ。

と言って、勾玉などのパーツが入ったボックスを教えてくれました。

かなはん

めっちゃ種類ありますね!

お店の人

そうですね。

パーツを選んだら、カウンターまで持って来て頂ければ調節致します。

では、ごゆっくりカスタマイズしてくださいね。

かなはん

ありがとうございます!

と言って、ボックスの中にある石を色々見てみました。

かなはん

どの石にもきちんと値段が書いてある!

すごく良心的!これなら値段も計算しやすい!

と思いながら、10分くらいでパーツを選びました。

かなはん

じゃあ、これでお願いします。

お店の人

では、ネックレスをお作りしますね。

と言って、目の前でお姉さんが手際良く作ってくれました。

気づいたら30秒くらいで出来上がってましたww

長さの調節もして頂いて、お会計です。

お店の人

では、お値段は、作成費に600円、パーツ代が500円で合計1100円です。

かなはん

1100円!?

え?安っ!

と思わず声が出そうになりましたww

実際に、今では毎日身に付けるくらいのお気に入りです。

旅行前に「島根でアクセサリー作りできる勾玉屋はないかな〜?」

と色々調べてたんですよね。

でも、このお店は他のお店よりも目立ってなかったです。

さっき調べたら、ホームページとフェイスブック、インスタは出てきました。

でも、肝心のホームページがスマホ対応になってないんですよね。

最近では、ほとんどのユーザーは、スマホから入ってきます。

なので、今どきスマホ対応になっていないホームページはヤバいです。

ワードプレス使えば、一発で綺麗なデザインのホームページも作れます。

それで、ちゃちゃっと作って

あとは、お客さんが実際に楽しんでカスタマイズしている姿をYouTubeで流すのもいいですよね。

顔出しNGのお客さんは、手元を写すとかでも良いと思います。

インスタをやっているのであれば「本日のお客様です。」

みたいな感じで写真を貼り付けて、買った理由とか作ってもらった感想も載せるのも良いと思います。

勾玉に関する情報とか、スタッフさんの中で流行ってることとか、商品企画をしている所とかでも良いと思います。

というか、めちゃくちゃ早いスピードでアクセサリーを作る姿は神業なので、それを配信するのも面白いと思います。

勾玉ネックレスを買ったあと

「なんで、まがたまや雲玉さんで購入したんだろう?」

とマーケティング脳で考えてみたわけです。

結果

  • お値段が他の店より安かった
  • スタッフのお姉さんが愛想良かったし可愛かった
  • 話しかけやすい雰囲気だった
  • 自分たちでカスタマイズする場所が店内にあった
  • 勾玉の大きさが小ぶりで可愛かった

みたいなことが重なり合って買ったということに気付きました。

ちなみに、どのお店とは言いませんが、他のお店って愛想悪かったんですよね(笑)

「いらっしゃいませ」すら言わないお店もありました。

でも、そういうお店ほど出雲大社前にあって目立つ所にあるから、集客はできるんですよね。

とりあえず、人は入ってきてくれる。

売れてるかどうかは分からないですけど(笑)

この「まがたまや雲玉」は、すごくお値打ち価格で愛想も良かったので即買いでした。

やっぱり、愛想が良いところで買いたくなるもんですね。

今日も外出するときは、勾玉ネックレスで邪気を払いたいと思いますww

今回は、第2弾として「マーケティングにも触れちゃう島根旅行記」をご紹介しました。

日頃から「なぜ自分はこれを買ったのか?」

「電車の中吊り広告は、なぜこんなデザインなのか?」

「これは、誰をターゲットにしているのか?」

などを考えながら生活すると楽しいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA