「無料で良いから記事を執筆したい」という外注さんが現れた。

この記事の著者

名前:かなはん 趣味:読書と映画鑑賞 肩書き:現役大学職員 勤務中に昼寝をするポンコツ上司に毎日イライラしながらも、謙虚に低姿勢に日々学生をサポートしている。「大学職員は副業禁止?そんなもん知るか!」精神で、在職中でありながらも、ネットビジネスで起業を始める。現在は、バレても大丈夫なように対策をしながら、外注化を駆使してアフィリエイトサイトを2つ運営中。外注化を開始して、たった1ヶ月で30名の外注さんを採用することに成功。自分の時間を一切使うことなく、記事作成をしている。自分と同じように「辛い仕事を早く辞めたい。」と思っている大学職員の方、日々お仕事を頑張っている方に有益な情報を公開しつつ外注化を薦めている。

最近知った、耳で聞ける神アプリ「オーディオブック」私にとって、本は睡眠導入剤的な存在でした(笑)でも、これなら電車の中でもどこでも聞ける。これで1日1冊、余裕で聞ける。

月額780円で何冊でも聴き放題。

30日間の無料期間もあります。本を読むことに対する苦手意識がめちゃくちゃ減りマウス。

オーディオブック聴き放題なら - audiobook.jp

------------------------------------------------

みなさん、こんにちは。かなはんです。

今回は「めっちゃ真面目な外注さんが現れた」ということで、ご紹介していきます。

いつもより短めなので、サクッと読んで頂けると思いまっせ。

よろしくお願いします!!

無料で良いから記事を執筆したい青年

開発系の仕事をしている20代の外注さんの話です。

採用させて頂いて少し経ってから、記事の執筆ペースが、だんだん落ちてたんですね。

それで「あら?忙しいのかな?」くらいで放置してたんですけど、、、
一応、外注さんには「1週間に1記事納品してくださいませ〜」って言ってるんですけど、守れる人は数%なので、基本は放置してますw

それで、2週間くらい経ってから「ピローッン」ってチャットワークの個人チャットに青年から連絡が入りました。

だいたい個人チャットで連絡が来るときは「辞めます」っていう連絡が多いので「あ、また辞めるんだろうな。」と思って、チャットを開いてみました。

そしたら、こんなメッセージが来てました。

出張に行っていて、2週間ほど記事執筆ができませんでした。
報酬金は要らないので、記事を書かせて頂けませんか?
本当にすみません(泣)

もうね、びっくり仰天しました。
こんなこと言われたのは初めてだったので。

過去に契約解除させて頂くときに「こちらの都合で契約解除させて頂くのは報酬金は要りません。」って言って頂いたことはありますが、契約中に言われたのは初めてだったので、かなり驚きました。

「そんなん、2週間くらい遅れても良か良か。」って内心は思ってたんですが
ただ、この青年は、1週間に1記事納品を守れなかったので、こういう連絡をしてくださったのかな?と思います。

とっても有難い話ですよね。
でもでも、、、

1記事50円で書いてもらってるだけでも申し訳ない。
無報酬なんて、そんな卑劣なことはできんぜよ。
と思ったので

「いえいえ。執筆して頂く以上、きちんとお支払いさせて頂きます!!」とお返事しました。

だって、お金払わんとか契約違反になるのでw
なので、丁重にお気持ちを頂いた上で返信させて頂きました。

「こんな真面目な青年おるんでっか?」って驚きましたねw
真面目なことは良いことですけど、騙されやしないか怖いですw

あ「騙される」というワードで思い出しましたが、現在または今後、クラウドワークスでお仕事される方に知っておいて頂きたいことがあります。

それは「発注者の中には、トンズラして報酬払わないやつがいる」ってことです。

私のところにいて下さっている外注さんの中で、実際に被害に遭った経験がある方がいらっしゃるんですけど
急に連絡が取れんくなって、結局寝き寝入りするパターンもあるそうなので気をつけてくださいね。

大丈夫な発注者かどうか見分けるコツとしては発注者目線でアドバイスさせて頂くと

「発注者の評判やレビューを見ること」ですね。

「どれくらいの応募実績があるのか」「星の数はどれくらいあるのか」とか

クラウドワークスでは、契約終了後にお互いを評価する制度があるんですが
クオリティとか仕事上のやり取りのスピードとか、それぞれの項目で星を付けれる評価制度があります。

私も外注さんの評価をして、外注さんも私を評価するってことです。
この評価制度はランサーズにもあったと思います。

あくまでも参考程度ですが、レビューや評価を見ておいて損はないです。

あと、報酬が相場よりも高い案件は怪しいので注意してください。

「高案件のお仕事ですよー」って釣るだけ釣っておいて、実際に中に入ってみたら、めちゃくちゃ安い値段で書かされたってこともあるので要注意だす。

どうしても高条件のお仕事に食いつく人が多いので、引っかからないように気をつけて欲しいです。

ちょっと話が逸れてしまいましたが、、、、
今回は「めっちゃ真面目な外注さんが現れた」ということでご紹介致しました。

普段より短いですが、以上で終わります!

かなはんでした!ありがとうがらし!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA