メリットを提示できない人はビジネスで成功できひんで。

この記事の著者

名前:かなはん 趣味:読書と映画鑑賞 肩書き:現役大学職員 勤務中に昼寝をするポンコツ上司に毎日イライラしながらも、謙虚に低姿勢に日々学生をサポートしている。「大学職員は副業禁止?そんなもん知るか!」精神で、在職中でありながらも、ネットビジネスで起業を始める。現在は、バレても大丈夫なように対策をしながら、外注化を駆使してアフィリエイトサイトを2つ運営中。外注化を開始して、たった1ヶ月で30名の外注さんを採用することに成功。自分の時間を一切使うことなく、記事作成をしている。自分と同じように「辛い仕事を早く辞めたい。」と思っている大学職員の方、日々お仕事を頑張っている方に有益な情報を公開しつつ外注化を薦めている。

最近知った、耳で聞ける神アプリ「オーディオブック」私にとって、本は睡眠導入剤的な存在でした(笑)でも、これなら電車の中でもどこでも聞ける。これで1日1冊、余裕で聞ける。

月額780円で何冊でも聴き放題。

30日間の無料期間もあります。本を読むことに対する苦手意識がめちゃくちゃ減りマウス。

オーディオブック聴き放題なら - audiobook.jp

------------------------------------------------

みなさん、こんにちは。かなはんです。

この間、知り合いの男性から「サイトアフィリエイトについて教えて欲しい」と電話が来ました。
いきなり連絡が来たので、何こいつ?って、正直印象が悪かったんですねw

でも、友人の親友だったので、とりあえず電話に出たら(しかも、夜11時)

「今、なんのビジネスをしてるの?」
「俺は、こういうビジネスをしようと思ってるんだけど、どう思う?」
「他にも、こういうビジネスも良いと思ってるんだけど、どう?」とか

まぁ、よく喋るし、一方的に自分の聞きたいことを聞いてくる。
私にとって、超絶に苦手なタイプの人でしたw

しかも、電話を切る前に「よかったら会いませんか?」って言われたんですよ。
会うの面倒だし、鬱陶しいと思ったんですが、会ったら良い人かもしれないと思って会いに行きました。

当日、スタバで待ち合わせして、私が先に到着したので飲み物を買って待っていました。

しばらくして、その男性がやってきたんですが、手元には既にスタバのカップを持ってたんですね。
この時点で「あー。この人は私に奢る気がないんだな。」って確信しました(笑)

私は、決して奢って欲しいということを言いたいのではありません。

自分の都合に合わせてもらって、貴重な時間を割いてまで会いに来てもらった人には、何かしらのお礼をする。
これが当たり前だと思っているんですけど、それができていなかったんですね。この男性は。

こんな感じで、メリットを提示できない人は一生ビジネスで成功するとは思えません。

ちょっと前置きが長くなりましたが
今回は「メリットを提示できない人は、ビジネスで成功できない理由」を書いていきたいと思います。

結論:人間は感情で動く

結論を言ってしまうと、これです。

人間は感情で動く

人は感情で行動して、後で論理で決定するんです。

私が会った男性のように、この部分をしっかりと分かっていない人は、本当に論理ばっかりになります。
なので、そういう論理的な人は
「とにかく自分のアドバイスをしてもらえたらそれだけでいい。あとは別に、お前に用事はない」ってな感じになります。

そういう人がいたら、皆さんはどうしますか?
わざわざ時間を作って会いに行きますか?

私なら会いに行きませんね。友達であっても。
だって、メリット無い人と会う必要なんてないんですもんw

やっぱり、人間はコミュニケーションが大切ですよ。うん。
なので、みなさんが、今後ビジネスをする上で、相手にメリットを提示することを意識してください。

そして、人に何かをお願いするときは、相手にどういったメリットを提示できるかを考えてみてください。
会いたい人がいれば、相手が喜んで自分に会いに来てくれるには、どうすればいいのかを考える。

人間は、自分中心に物事を考える癖があります。
でも、自分のことばかりを考えず、相手がどうやったら喜ぶかを考える癖をつけて欲しいです。

それに、相手がどうやったら喜ぶか考えることは、マーケティングにも使えます。

  • どうすれば喜んでくれるのか?
  • どうすれば気分よくなってくれるのか?

ということを考えるのが大事です。

なので、いつまでも自分都合で動く人は、間違いなくビジネスをする上で損をしますよ。

TAKEばかりする人は損をする

先ほどの男性の話の続きですが
スタバの件以外にも、まーケチな人だったんですよ。

途中、お腹が空いたそうで「お腹空いたから、吉野家寄っていい?」って聞いてきたんですね。

私はお昼ご飯を食べてきていたので「横で座ってるだけでOKなら行くよ。」って言いました。

そしたら「それでも大丈夫だと思うけど、豚汁でも買って飲んでたら?」って。

「豚汁でも買って飲んでたら?」って、なんでっかw

自分がお腹が空いたら、付き合ってもらうんですよね?
しかも、豚汁なんて、たかが100円ですよ。100円。

「こいつなんやねん💢」って思いましたよ!マジで。

正直、100円も投資できない人が、ビジネスで成功できるはずないです。

まぁ、それでも相談には乗りましたけど、私の本気の気持ちをぶつけられなかったです。

貴重な時間を割いてまで会ってるのに
「かなはんからアドバイスをもらうだけで良い」みたいな人はマジでうざい。

自分はTAKEするだけで、GIVEをしない。

しかも、この男性は、ネットで調べれば分かるような質問をする始末w
これほど無駄な時間は無いでっせ。だって、ネットで調べたら分かるんだもん。

私がアドバイスするメリットって何?って思うわけです。
それに、こちらがアドバイスをしても「でもでもでも」と言って聞く耳も持たないw

こういう自己中な人に、アドバイスしてあげたい気持ちなんて1ミリも出てこないです。

結局、人対人なんです。

やる気や熱量を伝えるのが大事なんですよね。
なのに、無料でアドバイスしてもらっても、その機会を上手く利用できない。

そういう人って、ダメよ。ダメダメ・・・。(懐かしいw)

だからこそ「ご飯奢るから話を聞かせて。」って言ってくれる人には会いに行きますし
メリットを提示してくれる人には、私も誠心誠意対応します。

なので、自分都合の質問をする人はダメです。

ちなみに、この男性、実はYoutuberなんですけど
動画編集を友達にやってもらっているそうです。

それで、その友達から最近、色々と文句を言われているそうで
理由を聞いたら「無料で動画編集をさせられていることにキレてるらしい。」と。

そりゃ、文句言われるっしょw

私も、昔に動画編集をしたことがあるので、男性の友達の気持ちが痛いほど理解できます。
コマ送りで字幕入れたりとか、細かい作業をしないといけないんですけど、これがすごい大変。
というか、面倒だし時間もかかるんですよ。

なのに、この男性は無料で友達に動画編集をしてもらっていたんですね。

文句言われるのは、当たり前やろ!!!

なので、私は「その友達にお金払うなり、ご飯でも奢ったら?」ってアドバイスしてやりました。
そしたら、なんて言ったと思いますか?

「いつかは払おうと思ってるけど〜」

はい。払う気ナッシング&聞く耳持たないアラーム作動ですw

「この人、アカンわ。」って思いましたね。

多分、いずれは、その友達に縁を切られる日が来るでしょうね。
私も、正直もう会いたくないですしw

無料でTAKEだけしてやんぞ感が見え見えというか・・・
「自分のことばっかり考えてんなコイツ💢」ってなるんですよ。

なので、正直メリットを提示して来ない限り、今後一切会うつもりはないです。
そういう人と会うだけでも鬱陶しいし。

「この人には頑張ってほしい!」っていう気持ちが芽生えて来ないんです。残念ながら。

こういう気持ち分かりますか??かなり、むかついてるんですよ(笑)

例えるなら、授業をまともに受けてないサボってるやつから
「ノート見せて。」って言われる感覚と同じくらいムカつくんですよw

学生の頃に「ノートを見せて」って言われた経験がある人は、かなり共感して頂けるかと。

もし、今、学校で「ノート見せて攻撃」に困っている人がいたら
「私にメリットはあるの?」って聞いてやりましょう。
「メリットを提示してくれたら貸すよ。」と言えば良いです。

それを言って離れていくやつは、友達でもなんでもないです。
文句を言ってくるやつは、どうせ困った時には助けてくれませんから。(経験済みw)

まとめ

今回は「メリットを提示できない人は、ビジネスで成功できない理由」を語ってみました。

かなりムカついたので、記事にしましたが、みなさんは、絶対に!こんな人になったらダメですよ!!!
マジで、ホントにこんな人になって欲しくないです。

もし、誰から無料でアドバイスをもらえる機会があれば
「もらった以上のGIVEを相手に渡すべき。」と、私は考えています。

特に、ネットで知り合った人は顔が見えません。
なので、そういう人からアドバイスをもらうとき、しかも無料でやってくれる場合は

「この人に出来ることは何かないだろうか?」と、考えて行動しましょう。

もし、私が「このブログを全部読みました。この部分を教えてください。」という淡白なメッセージを受け取ったら、塩対応しますのでご了承くださいまし(笑)

だって、そんな思いやりがない人に、私は圧倒的なGIVEをするつもりはないので。
これは、私だけでなく他の人でも同じように感じると思いますよ。

なので、みなさんは、圧倒的なGIVEができる人間になりましょう。

以上、かなはんでした!ありがとうがらし!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA