旭山動物園のペンギン散歩に胸キュン!!おすすめのモデルプランは?

この記事の著者

名前:かなはん 趣味:読書と映画鑑賞 肩書き:現役大学職員 勤務中に昼寝をするポンコツ上司に毎日イライラしながらも、謙虚に低姿勢に日々学生をサポートしている。「大学職員は副業禁止?そんなもん知るか!」精神で、在職中でありながらも、ネットビジネスで起業を始める。現在は、バレても大丈夫なように対策をしながら、外注化を駆使してアフィリエイトサイトを2つ運営中。外注化を開始して、たった1ヶ月で30名の外注さんを採用することに成功。自分の時間を一切使うことなく、記事作成をしている。自分と同じように「辛い仕事を早く辞めたい。」と思っている大学職員の方、日々お仕事を頑張っている方に有益な情報を公開しつつ外注化を薦めている。

最近知った、耳で聞ける神アプリ「オーディオブック」私にとって、本は睡眠導入剤的な存在でした(笑)でも、これなら電車の中でもどこでも聞ける。これで1日1冊、余裕で聞ける。

月額780円で何冊でも聴き放題。

30日間の無料期間もあります。本を読むことに対する苦手意識がめちゃくちゃ減りマウス。

オーディオブック聴き放題なら - audiobook.jp

------------------------------------------------

冬の国内旅行といえば、北海道が有名ですよね。

雪質もいいので、スキーやボードに行かれる方も多いと思います。

でも「冬の北海道って高いんじゃないの?」

「限られた観光時間内で、どこを観光すればいいのかな?」

という方も多いのではないでしょうか?

今回は「北海道2泊3日の旅!おすすめのモデルプラン」をご紹介します。

効率のいい回り方や、おすすめの現地ツアーも紹介するので参考にしてみてくださいね。

1日目:出発&到着

2019年2月18日に新千歳空港に到着しました。

気温は5度と、思っていたよりも寒くなかったです。

到着後は、新千歳空港のお土産コーナーを色々と見て回りました。

お土産コーナーには、海産物を販売するお店やお菓子を販売するお店などたくさんありました。

見ているだけで楽しかったので、気付けば2時間もお土産コーナーにいました。

試食できるお店が多かったので、試食だけでお腹いっぱいになりましたよ(笑)

昼食

試食でお腹いっぱいでしたが、新千歳空港にある「ラーメン一幻」に行きました。

他のラーメン屋さんは暇な様子でしたが、一幻さんは行列ができていました。

私たちも10分ほど並んで「名物えびラーメン」を頂きました。

えびの風味を存分に感じることができるラーメンです。

生臭さもなく、えびの甘味を堪能できるラーメンで美味しかったですよ。


えびラーメン:780円

麺は太麺、スープは味噌味を選びました。

ホテル

ホテルは、2日とも「ホテルライフォート札幌」に泊まりました。

客室は少しだけ古いかな?と思いましたが、14階だったので景色も良かったです。

また、目の前が公園だったので、雪景色も綺麗でしたよ。

客室には冷蔵庫がありましたが、壊れていたので作業スタッフの方に来て頂き、冷蔵庫を丸々交換してもらいました。

ホテルのスタッフの方も、皆さん対応が早く親切でしたよ。

お部屋にはアメニティも置いてありますが、歯ブラシなど必要最低限のものだけです。

バスソルトやヘアーキャップなどは、フロントで頂くことができます。

お湯を貯めるときは、バスソルト1包だと少ないので2包入れるのがオススメです(笑)

また、ホテルは中島公園の3番出口から徒歩で約6分と近かったです。

ローソンに立ち寄る場合は、1番出口から出ることをオススメします。

夕食

夕飯を食べに、海鮮丼が有名なお店「海鮮食堂 澤崎水産」に行きました。

一番人気の海鮮丼は、お好みの具材から3種類選ぶことができます。

私は、タラバガニとホタテ、サーモンを選びました。

友人はウニを注文しましたが、この日は運が良く4500円で食べることができました。

ウニは時価なので、4500円〜6000円と幅があるそうです。

スタッフは、若い女性と男性の二人だけでした。

すごく美味しかったですが、喫煙可だったのが残念でしたね。

「せっかくの海鮮丼が、タバコの匂いで台無しになる!」と思ってしまいました(笑)

お好み海鮮丼:2300円

ウニ丼:4500円~(時価)

2日目:日帰りツアーに参加

2日目は、HISの日帰りツアーに参加しました。

ツアー内容
  • 旭山動物園
  • 白ひげの滝
  • 青い池

ツアーを予約する時に、お迎えの場所を選ぶことができます。

私たちは、ホテルライフォート札幌に宿泊していたので、札幌エクセルホテル東急を選びました。

宿泊ホテルから徒歩で10分くらいで行くことができましたよ。

お客さんの半分くらいは、外国人の方でした。

途中、砂川ハイウェイオアシスでトイレ休憩をしました。

砂川ハイウェイオアシス限定の北海道チーズケーキは絶品でした。

20分ほど滞在して、旭山動物園まで2時間ほどのドライブです。

旭山動物園

ここでは、じっくり3時間観光することができます。

旭山動物園は丘の上にあるので、傾斜した道が多いです。

すべって転ばないように石が敷いてありますが、何度も転びそうになりました。

滑りにくいスニーカーやブーツを履いていくことをオススメします。

ちなみに、この日はカイロを持たなくても暖かく快適でした。

ですが、念のために防寒対策をして行くようにしましょう。

旭山動物園の人気イベントに「もぐもぐタイム」があります。

その日の動物の体調で、もぐもぐタイムが見れる動物が違うので、公式ホームページで確認してみてくださいね。

ちなみに、一番人気は「シロクマのもぐもぐタイム」です。

初めて行った時は人気で見れなかったのですが、今回は運よく見ることができました。

水の中にダイブする瞬間や、泳いでる姿が可愛かったですよ。

冬の時期だけ見れる「ペンギンのお散歩タイム」も見ておく価値がありますよ。

お散歩タイムの注意点

  • 決められた線から出ないこと
  • フラッシュ撮影しないこと
  • 触らないこと

1つでも約束を破ると、スタッフの方から怒られるので注意してくださいね。

過去にフラッシュ撮影をしたことが原因で失明した動物がいるそうです。

絶対に園内では、フラッシュ撮影は、しないようにしましょう。

昼食

昼食は、旭山動物園の食堂で食べました。

遊園地の中にあるような食堂なので、お食事内容は期待しない方がいいと思います(笑)

私は、旭山ラーメン(醤油味)を注文しました。

午後は「モルモットのもぐもぐタイム」に参加しました。

飼育員のお姉さんが、モルモットの生態などを詳しく説明してくれます。

モルモットの主食は、ピーマンやさつまいも等だそうです。

かなはん

ここで恒例のかなはんクイズです。デデッ。

モルモットが一番好きな食べ物は、どれでしょうか?

  1. ピーマン
  2. さつまいも
  3. キャベツ
  4. ニンジン

 

 

 

 

 

かなはん

答えは、1番のピーマンです!!

ピーマンが大嫌いなアニメキャラとは真逆ですね(笑)

私は、甘いさつまいもが一番好きなのかな?

と思っていましたが、実はピーマンが一番好きなんだそうです。

ピーマンが好きすぎて、ピーマンの奪い合いをすることもあるそうです。

こんなに可愛い顔して恐ろしか〜ww

やはり「食べ物の怨みは怖い」というのは、動物界でも同じですね(笑)

白ひげの滝

白ひげの滝は美瑛というところにあります。

初めて行ったのですが、ブルーの川が綺麗でした。

岩の間から流れる滝の横に、大きな氷の柱が出来ていて幻想的でした。

滞在時間は、10分と少し短かったですね。

「せめて20分は欲しいなぁ〜」と思いました。

青い池

2年前の秋に来た時は、青い池という名前の通り、池が真っ青で綺麗でした。

冬は、凍っていて雪が積もっているので、青い池は全く見えません。

ですが、ライトアップされていて秋とは違う風景で綺麗でしたよ。

秋の青い池

冬の青い池

ちなみに、青い池までは、少し歩かないといけないのですが、凍っている道があります。

歩幅を狭くして、転ばないように気を付けて歩いてくださいね。

すすきの駅周辺

21時頃に、すすきの駅周辺に到着しました。

降車地も自由に選ぶことができましたよ。

スタッフの女性はお茶目な方で、ドライバーさんも親切な方でした。

また次回、別の内容のツアーがあれば、利用しようと思います。

夕食

夕食は、味噌とんこつラーメンが有名な「らーめんすみれ(すすきの店)」に行きました。

少し混んでいましたが、10分ほどで入ることができました。

食券を先に買って店員さんに渡すシステムなので、カウンターに座ってから数分でラーメンが出てきます。

厚い油の層に包まれたスープは、熱々で美味しかったです!

北海道のラーメンは、どこも熱々で美味しかったです。

また北海道に遊びに来る時は、ここのラーメンを食べたいと思います。

ちなみに、有名人のサインもたくさんありましたよ。

味噌ラーメン:850円

3日目:空港送迎付きのツアーに参加

3日目は、Veltraのオプションツアーに参加しました。

こちらのオプションツアーは、スタッフさんはいません。

ドライバーさん一人だけでした。

場外市場

場外市場では、カニの試食をすることができました。タラバガニの試食は最高でしたよ。

ただ、滞在時間が35分だけだったので短かったです。

白い恋人パーク

白い恋人パークも、40分位しか滞在できませんでした。

この時期は、たまたま工場が改修工事をしていたので、一部の施設しか見れなかったです。

ここで購入した手作りキャンディ「バター飴」は、まろやかで美味しかったです。

小樽

小樽の滞在時間は2時間のみだったので、お目当ての場所を巡りました。

  • 「回転すしとっぴ〜」で昼食
  • 小樽運河を観光
  • 北一ホールでお茶タイム
  • スヌーピー茶屋小樽店でお土産探し
  • パブロでお土産探し

スヌーピー茶屋小樽店では、小樽限定のスヌーピーハンカチをゲットしました。

事前にどこに行くか決めておくと、時間を無駄にすることなく効率よく回れますよ。

新千歳空港

新千歳空港まで送り届けてくれるツアーだったので、とても便利でした。

慣れない雪道をドライブするのも危険ですし、有名な観光地も巡ってくれるので現地ツアーはオススメですよ。

ただ、もう少し自由にゆっくり回りたいという方は、レンタカーがオススメです。

利用した旅行社は?

今回は、格安航空券と宿泊費がセットのプランを色々と探した結果

「T-クエスト」というインターネット限定の旅行社を利用しました。

ちなみに、ネットよりも安いプランがあるのか大手旅行社に行って聞いて見ましたが「ありませんね。」と即答でした。

ネット予約の場合、大手旅行社とは違って格安プランを予約できる確率が高いです。

ただ「ティークエスト」の場合、予約をした時点では、まだ確定していません。

あくまで、空き状況を確認してもらうための予約です。

日にちによっては、希望のホテルが満室だったり飛行機も満席ということがあります。

必ず、お金を支払って日程表を受け取ってから、現地のツアーに申し込むようにしましょう。

利用した航空会社は?

スカイマークを利用して、神戸空港から新千歳空港まで行きました。

スカイマークは、キットカット1個とコーヒーは無料で提供してくれました。

私はコーヒーが苦手なので、緑茶を注文しようと思ったのですが、緑茶(350mlのペットボトル)は有料でした。

多分、100円くらいだったと思います。

機内でアルコールや緑茶を飲みたい方は、事前にコンビニで購入しておくことをオススメします。

また、座席は非常口座席にしました。

背もたれを倒すことはできないですが、足元が普通の座席よりも広くて快適でしたよ。

皆さんも飛行機に乗るときは、非常口座席に乗ってみてくださいね。

ただし、非常口座席は非常時の際にお手伝いをする必要があります。

体調が悪いときは、非常口座席を選ばないようにしましょう。

北海道旅行の費用は?

今回かかった費用を計算してみました。

もちろん、平日と祝日では大分違ってきますが、参考にしてくださいね、

日程:2019年2月18日〜2019年2月20日

航空券と宿泊費:27,800円

バスツアー代と食費:12,000円

お土産:5,000円

合計:44,800円

お土産や食費を節約すれば、40,000円あれば十分だと思います。

ハピタス経由で予約すると節約できる!?

ハピタスというサイトから「T-クエスト」のサイトで予約をすると、少しだけですが節約することができます。

ちなみに、この貯まったハピタスポイントは、現金化(1ポイント1円)することができます。

セブンのポイントは200円で1ポイントなので、ハピタスすごいっす。

普段、お買い物をする時は、楽天カードなどのポイントを貯めている方も多いと思いますが、ハピタス経由だと楽天ポイントもハピタスポイントもダブルで貯めることも可能ですよ。

今なら、振込手数料も無料なので始めて損はないです!

私自身、ハピタス経由でドミノピザを注文したり、クレジットカードを作っただけで2万円くらいのお小遣い稼ぎができました。

無料で登録できるので、皆さんも登録してお得に暮らしましょう!

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

まとめ

1日目は

  1. 新千歳空港内にある「ラーメン一幻」で昼食
  2. ホテルライフォート札幌」に宿泊
  3. 海鮮丼が有名なお店「海鮮食堂 澤崎水産」で夕食

2日目は

  1. 旭山動物園
  2. 白ひげの滝
  3. 青い池
  4. らーめんすみれ(すすきの店)」で夕食

3日目は

  1. 場外市場
  2. 白い恋人パーク
  3. 小樽「回転すしとっぴ〜」で昼食
  4. 小樽運河を観光
  5. 北一ホールでお茶タイム
  6. スヌーピー茶屋小樽店でお土産探し
  7. パブロでお土産探し

利用した旅行社は

  • T-クエスト

利用した航空会社は

  • スカイマーク

北海道旅行の費用は

日程:2019年2月18日〜2019年2月20日

航空券と宿泊費:27,800円

バスツアー代と食費:12,000円

お土産:5,000円

合計:44,800円

※平日と祝日では、料金幅が大分違います

今回は「北海道2泊3日の旅!おすすめのモデルプラン」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

今回の記事を参考に、楽しい北海道旅行にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA