Google AdSense「ads.txt」ファイルをアップロードする方法とは?

この記事の著者

名前:かなはん 趣味:読書と映画鑑賞 肩書き:現役大学職員 勤務中に昼寝をするポンコツ上司に毎日イライラしながらも、謙虚に低姿勢に日々学生をサポートしている。「大学職員は副業禁止?そんなもん知るか!」精神で、在職中でありながらも、ネットビジネスで起業を始める。現在は、バレても大丈夫なように対策をしながら、外注化を駆使してアフィリエイトサイトを2つ運営中。外注化を開始して、たった1ヶ月で30名の外注さんを採用することに成功。自分の時間を一切使うことなく、記事作成をしている。自分と同じように「辛い仕事を早く辞めたい。」と思っている大学職員の方、日々お仕事を頑張っている方に有益な情報を公開しつつ外注化を薦めている。

最近知った、耳で聞ける神アプリ「オーディオブック」私にとって、本は睡眠導入剤的な存在でした(笑)でも、これなら電車の中でもどこでも聞ける。これで1日1冊、余裕で聞ける。

月額780円で何冊でも聴き放題。

30日間の無料期間もあります。本を読むことに対する苦手意識がめちゃくちゃ減りマウス。

オーディオブック聴き放題なら - audiobook.jp

------------------------------------------------

みなさん、こんにちは。

台風12号が発生しましたが、そんなことは気にせずブログを書いていきマウス。

昨日、Google AdSenseに入ると、こんなメッセージが表示されていました。

かなはん
なんじゃこれ?

またよく分からない警告文が出てきたぞ。

てか、そもそもads.txt ファイルってなんだよ。

ということで、ヘルプを見てみました。

でも、あまりにも意味不明すぎたので、色々調べて解決した方法をまとめてみました。

今回は「ads.txtファイルをアップロードする方法」をご紹介します。

ads.txtをアップロードしないといけない理由

ads.txtを設置すると、広告の運用元から

「このサイトは、きちんとしたサイトだから広告を出しても大丈夫だよ。」

と判断されやすくなるとのことでした。

つまり、ads.txtがアップロードされていないと、広告の運用元に怪しいと思われるってことです。

きちんとしたサイトを作っているのに、怪しいと思われたくないですよね?

ads.txtをアップロードすれば良いので、さっそくアップロード方法を見ていきましょう!

こんなアホでもできたので、みなさんならサクッとできると思いますよ(笑)

ads.txtをアップロードする方法

サイト運営者IDを取得する

Google AdSenseのダッシュボードに入って、赤枠内の「アカウント」をクリックしてください。

アカウント情報に入ると、サイト運営者IDが書いてあるのでコピーしてください。

テキストエディタを起動する

すでに使っているテキストエディタがあれば、それを使ってもらって大丈夫です。

または、以下のテキストエディタがオススメです。

Windows
  • 標準で付いているテキストドキュメント
  • サクラエディタ
  • TeraPad
Mac
  • CotEditor
  • mi

ちなみに、私は「mi」をダウンロードしてads.txtを作成しました。

「ads.txt」ファイルを作成する

先ほどコピペした運営者IDを以下のコードpub-xxxの箇所に貼り付けてください。

コード

google.com, pub-xxxxxxxxxxxx, DIRECT, f08c47fec0942fa0

下の図のような感じで表示されていればOKです。

「ads.txt」という名前を付けて保存する

テキストファイルで作った物を「ads.txt」という名前を付けて保存してください。

「ads.txt」の名前以外は、決して付けないでくださいね。

ちなみに、テキストエディタによっては、自動で後ろに「.txt」が付く場合があります。

誤って「ads.txt.txt」とかにならないように気をつけてください。

「ads.txt」をサーバーにアップロードする

サーバーに「ads.txt」をアップロードします。

私は、エックスサーバーを使用しているので、エックスサーバーでアップロードする方法を解説しますね。

まず、エックスサーバーの「インフォパネル」にログインしてください。

ログインしたら、スクロールして該当サーバーIDの「ファイル管理」をクリックしてください。

「ads.txt」をアップロードしたいドメインをクリックしてください。

「public_html」をクリックしてください。

「ファイルを選択」をクリックして「ads.txt」を選択してください。

「ads.txt」と表記されていることを確認して、アップロードをクリックします。これで「ads.txt」のアップロードが完了しました。

「ads.txt」ファイルがアップロードされたか確認する

ドメインの後ろに「/ads.txt」を追加して更新してください。

以下の画像が表示されたら、きちんと「ads.txt」がアップロードされている証拠です!

まとめ

ads.txtをアップロードしないといけない理由は

  • 広告の運用元から「広告を出しても大丈夫」と思ってもらうため

 ads.txtをアップロードする方法は

  • サイト運営者IDを取得する
  • テキストエディタを起動する
  • 「ads.txt」ファイルを作成する
  • 「ads.txt」という名前を付けて保存する
  • 「ads.txt」をサーバーにアップロードする
  • 「ads.txt」ファイルがアップロードされたか確認する

今回は「ads.txtファイルをアップロードする方法」をご紹介しました。

順番に設定してもらえれば、ほんの10分くらいでできると思います。

ads.txtファイルをアップロードする方法が分からない方は、参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA