大学職員が退職する理由とは??果たして栄光の第1位は??

この記事の著者

名前:かなはん 趣味:読書と映画鑑賞 肩書き:現役大学職員 勤務中に昼寝をするポンコツ上司に毎日イライラしながらも、謙虚に低姿勢に日々学生をサポートしている。「大学職員は副業禁止?そんなもん知るか!」精神で、在職中でありながらも、ネットビジネスで起業を始める。現在は、バレても大丈夫なように対策をしながら、外注化を駆使してアフィリエイトサイトを2つ運営中。外注化を開始して、たった1ヶ月で30名の外注さんを採用することに成功。自分の時間を一切使うことなく、記事作成をしている。自分と同じように「辛い仕事を早く辞めたい。」と思っている大学職員の方、日々お仕事を頑張っている方に有益な情報を公開しつつ外注化を薦めている。

最近知った、耳で聞ける神アプリ「オーディオブック」私にとって、本は睡眠導入剤的な存在でした(笑)でも、これなら電車の中でもどこでも聞ける。これで1日1冊、余裕で聞ける。

月額780円で何冊でも聴き放題。

30日間の無料期間もあります。本を読むことに対する苦手意識がめちゃくちゃ減りマウス。

オーディオブック聴き放題なら - audiobook.jp

------------------------------------------------

みなさん、こんにちは。かなはんです。

大学職員は、勝ち組みたいに思われてますが全員がそうじゃないです。

給料の良い大学で働いている方の中には、外車を乗り回している人もいますが
全員が全員、そんな暮らしができていると思ったら大間違いです(笑)

今回は「大学職員が退職する理由」をランキング形式でご紹介します。

退職理由1位:人間関係悪化からの鬱病

これは、どこで働いていても同じです。

仕事を辞める理由のほとんどが、人間関係です。

私の周りにも、鬱陶しい人多いです。
特に、上司と人事の小言は鬱陶しいです。

いちいち、言い間違いに揚げ足を取ってくる教務のお局おばさんも鬱陶しいです。
まともな授業もしないのに、偉そうな教授もウザいです。

挙げたらキリがないですが、鬱陶しい人は意外と多いです(笑)

ただ、大学に限らず、どこにいても嫌な人や鬱陶しい人はいますよね。

大学は閉鎖的で縦社会なので、心を病みまくって鬱病になる方を
これまでにたくさん見てきました。

私と別部署で働いている方は、途中で鬱病になられて休職されました。
休職される前から、いつもと違う様子だったので心配していたのですが。

会話もまともに出来ない状態でしたし
何を話しているのか分からない状態だったので
今考えると鬱病の症状だったんだなと、後で気付きました。

結局、休職されて復職されましたが
復職して半年後には、また体調が悪化して退職されました。

なぜ、大学職員はこんなに鬱病が多いのでしょうか?
鬱病が多い理由と鬱病にならないための対策とストレス発散方法をまとめてみました。

よろしければ、こちらも参考にしてみてください。

動画→準備中
記事→準備中

退職理由2位:理想と現実のギャップが違いすぎる

大学職員の求人案内には

「定時上がりなので、おでかけの予定も立てやすい。」
みたいな感じで書かれている時があります。

実際に、「転職して、大学職員になったら待遇良くてラッキー!」
という口コミを見かけることもあります。

確かに、そういうラッキーな人もいると思いますが
実際に働いてみると、書いてあることと真逆の場合もあります。

「給料低いわ、残業多いわ。これはやってられん!」
みたいな状態で辞める人も多いんですよね。

実際、うちの大学も辞める職員さんは多いですよ。

私が知っている限り、過去2年間で辞めた正社員は10名くらいいますね。

最近、若い職員さんが教務に入ってきたな〜と思ってたら、1ヶ月で辞めるとかもありました。

最初は、イキイキしてたのに
だんだん精気を吸い取られるように元気が無くなっていく姿が見えてました。

こんな感じで

「ネットで書いてたことと違うやん!」
理想と現実とのギャップが違いすぎて退職していく人が多いです。

これは大学に限らず、一般企業でもあることだと思いますが。

私の友人も「こんな会社だと思ってなかった!」とキレてましたから。

ネットを見ていると、100時間近くサービス残業をさせる大学もあるそうですが
これは辞めたくなっても仕方ないですよね。

誰がどう見ても、そんな大学はブラックです。
と言いつつ、うちの大学も同じくらい残業させられている人はいます。

過去に、サービス残業しすぎて、ぶっ倒れて病院に運ばれた人がいました。
幸い、命に別状は無かったので良かったですが。

亡くなってたら、学長とか理事長が頭を下げても遅いレベルですからね。

結局、その方は3回ほど休職されて4回目の休職で、そのまま退職されました。
こんな過労死ラインと分かりつつ、平気で残業させるゲス大学もあります。

なので、全ての大学が給料良い、待遇良いとか思ってると痛い目に遭います。

ネットだけの情報だけではなくて、自分の目で見て聞いて確かめることが重要です。

退職理由3位:古臭い体質が合わない

特に、若い人ほど古臭い体質は合わないですね。
実際に私も不満いっぱいありますから。

「なんで、それ手書きじゃないとダメなの?」
「それくらい、ネット上で管理すれば済む話じゃね?」
「そんな仕事しても効率悪くなるだけじゃない?」

みたいに思うことが、たくさんあります。

とにかく、やってることがアナログ、働いている人の思考もアナログすぎてヤバイです。

こちらでも紹介しているので、参考にしてみてください。

大学はアナログな仕事が多すぎる!時代に追いついてなくてヤバイ

2019.08.05

退職理由4位:人間味のない機械のような仕事

「新しい仕事をいっぱいやりたい!」
「色んなことを勉強してステップアップしたい!」
と思っている人には、本当に向いてない仕事が多いです。

同じことを永遠に淡々とこなせる人であれば苦じゃないと思いますが。

とにかく、やってることは機械のようなことばかりなので、つまらないですね。

退職理由5位:大学が潰れそうでヤバイ

地方の大学や小規模大学に当てはまります。

うちの大学も小規模大学に入るくらいのレベルなので、このまま行くとぶっつぶれます。

恐らく10年後には、どこかの大学に吸収されているか、廃校になってるかどちらかと見ています。
だから、今ネットビジネスを勉強して一人でも稼げる力を身に付けている最中です(笑)

廃校しても、誰も責任取ってくれませんから。

ここ数年で、うちの大学も
ようやく生き残りをかけて様々な施策を打つようになりました。

そのせいで、仕事も増えるくせに給料は増えません(笑)

ちなみに、早めに危ないアンテナをピーンッとキャッチした若手職員は
転職したり別の大学に移動しています。

退職理由6位:風通しが悪い

本当に換気できてないです(笑)

換気できてなくて、むしろ埃が溜まってるくらい。

ずっと同じやり方で働いてきた人が多いので、何か提案をしても

「昔からこうだから、新しいやり方に変える気はない。」
という理由で、非効率的な仕事をし続けています。

それに、パートさんやアルバイトの方、正社員の意見なども全く聞く耳を持ちません。

「今度、〇〇をやることになったから、〇〇は君たちが管轄ね。」

このように、上層部で決めた仕事を勝手に押し付けてきます。
これは大学によって違いますが、うちの大学では職員の意見は全く聞こうとしません。

まとめ

  • 第1位「人間関係悪化からの鬱病
  • 第2位「理想と現実のギャップが違いすぎる」
  • 第3位「古臭い体質が合わない」
  • 第4位「人間味のない機械のような仕事」
  • 第5位「大学が潰れそうでヤバイ」
  • 第6位「風通しが悪い」

今回は「大学職員が退職する理由」をご紹介しました。

大学職員は楽なイメージがあるかもしれませんが
実際に働いてみると、理想と現実のギャップに驚く人も多いです。

どこに行っても嫌な人はいるので、お金のために仕事をするしかないです。
それでも辞めたくなったら、精神科に行って話を聞いてもらうのも良いかもしれません。

以上、かなはんでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA