大学はアナログな仕事が多すぎる!時代に追いついてなくてヤバイ

この記事の著者

名前:かなはん 趣味:読書と映画鑑賞 肩書き:現役大学職員 勤務中に昼寝をするポンコツ上司に毎日イライラしながらも、謙虚に低姿勢に日々学生をサポートしている。「大学職員は副業禁止?そんなもん知るか!」精神で、在職中でありながらも、ネットビジネスで起業を始める。現在は、バレても大丈夫なように対策をしながら、外注化を駆使してアフィリエイトサイトを2つ運営中。外注化を開始して、たった1ヶ月で30名の外注さんを採用することに成功。自分の時間を一切使うことなく、記事作成をしている。自分と同じように「辛い仕事を早く辞めたい。」と思っている大学職員の方、日々お仕事を頑張っている方に有益な情報を公開しつつ外注化を薦めている。

最近知った、耳で聞ける神アプリ「オーディオブック」私にとって、本は睡眠導入剤的な存在でした(笑)でも、これなら電車の中でもどこでも聞ける。これで1日1冊、余裕で聞ける。

月額780円で何冊でも聴き放題。

30日間の無料期間もあります。本を読むことに対する苦手意識がめちゃくちゃ減りマウス。

オーディオブック聴き放題なら - audiobook.jp

------------------------------------------------

みなさん、こんにちは。かなはんです。

日々、大学職員として働いていて感じることは
アナログな仕事が多すぎるということです(笑)

もっと効率化すれば、職員一人一人の仕事量を減らすことができ
学生さんにとっても便利になることもあります。

今回は「大学はアナログなことが多すぎる!時代に追いついてなくてヤバイ」をご紹介します。

入学願書は郵送しか受け付けない

私が働いている大学の入学願書は、郵送でしか受け付けていません。
郵送ということは、手書きで願書を書いて提出するということです。

つまり、書き間違いをしたら、再度書き直さないといけません。

未だに、こんなに非効率なことをやってるのが腹が立つですが
今の時代、願書なんてネット申請で良くないですか?
ネットから申請できれば、すぐに1クリックで送ることができます。

また、間違えたとしてもバックスペースで何度でも訂正可能です。

それに、手書きの願書を受け取る大学側も大変です。
受け取った願書を見ながら、パソコンに入学希望者の情報を打ち込む手間が出てきます。

すごく効率悪いですし、打ち間違いのミスもあります。
今時、手書きの願書しか認めないなんて、時代に追いついてなさすぎると思っています。

練習用の履歴書も手書きで提出させる

練習用の履歴書も手書きじゃないとダメな理由ってあるんでしょうか?

学生の頃から、どうして手書きじゃないといけないのか不思議だったので
当時、私が通っていた大学の就職センターの人に聞いてみたところ

「字の綺麗さ、書き方の丁寧さ、志望度や人柄が伝わると考えている企業も多いから」
という納得できない答えが返ってきました(笑)

字が汚いとかで「この人は、〇〇な人間だ」
なんて判断されるなんて、先進国にしては考えが遅れていると個人的に思います。

「履歴書は手書きじゃないとダメ」という考えの企業が多いので
この辺りは仕方ないとして百歩譲ります。

ですが、私が働いている大学では「練習用の履歴書」でさえも手書きで提出させています。

就職センターの人に見てもらうだけの練習用の履歴書も手書きを強制しています。
こんなに無駄なことある?と不思議で仕方ありません(笑)

ちなみに、韓国は新卒の履歴書も手書きで書くことはありません。
みんなネットで履歴書を送っています。

また、私は転職活動をしたことがあるのですが
今までに10件転職エージェントに登録した結果
履歴書など全て、パソコンでの作成でOKでした。

今は少し時代が変わっているので、新卒でもネット申請可能な会社もあると思いますが
未だに手書きで履歴書を書かせる会社は正気か?って思います(笑)

書き間違えて、もう一度訂正して書く時間の方がよっぽど時間の無駄です。
いつになったら、日本もネットで履歴書を送れる時代になるのでしょうか?

レポートも手書きで提出させる

この間、知り合いの学生さんが私の部署に遊びに来てくれました。

その学生さんとのやり取りを再現してみました。

学生
ちょっと聞いてくださいよ〜。
かなはん
どうしましたか?(また、恋愛相談かな?)
学生
この〇〇の授業レポートなんですけど、手書きじゃないとダメって言うんですよ。
かなはん
メールで課題の提出はできないんですか?
学生
〇〇先生の授業は、手書きで紙で提出しないと受け付けてもらえないんです。

あまりにも意味不明だったので
たまたま、その先生に会ったついでに世間話で聞いてみました。

かなはん
先生の授業のレポートってメール受付されてましたっけ?
教授
あ〜。私、機械音痴だからパソコンを使えないんだよね。

だから、学生にはレポートボックスに課題を提出してもらってるよ。

かなはん
あ、そうなんですね。分かりました。

「いやいや。メールくらい使えるようになれよ!」と思いましたね(笑)

こうやって、学生さんの利便を全く考えない教授が多すぎるんですよね。
もちろん、メールで提出してもOKな教授も中にはいます。

ですが、こうやって手書きじゃないとダメと言っている教授がいると
わざわざレポートを提出するために学校まで行かないといけない手間がかかります。

それに、毎日教授が出勤しているわけではありません。

教授がいなければ、レポートボックスに提出しに行かないといけないので
学生さんは、教授がいるかどうかを確認し部屋にいなければレポートボックスへ提出しに行く。

たった1枚のレポートを提出するだけで時間と手間もかかります。

正直、イラつきませんか?(笑)

学生さんの中には、片道1時間かかるような遠方に住んでいる人もいます。

このように、学生を主体に考えない教授のせいで、被害を受ける学生が非常に多いです。

しかも、「間違えて、他の先生のレポートボックスに入れちゃいました。」
と泣きついてくる学生がいるのですが、そのレポートボックスを開けれる鍵は別部署にあるんですよね(笑)

その度に、私がその鍵がある部署まで案内するという手間がかかるので
かなはんは、ここで閃いたわけです。

かなはん
その鍵を、こっちの部署で預ればいいんじゃね?

そう思い提案してみたところ
「他部署に鍵を預けることは出来ない」と一発で断られました(笑)

学生さんの利便を考えているのは、私くらいなんですよねww
ちなみに、全ての授業のレポートをクラウド上で提出できる大学があります。

見習えよ!

もっと他大学の良いところは吸収して改善していく必要があると思いますが
そもそも改善しようという気持ちが無い職員が多いので、夢物語です(笑)

私が働いている大学は、非効率的な人ばかりなので
効率を考えて対策ができている他大学は羨ましくて仕方ないです。

食堂は現金しか対応していない

電子マネーに一切対応してません(笑)

最近は電子マネーを使える場所が増えてきているので

学生さんからも「電子マネーも使えるようにして欲しい。」
という意見が、だんだん出てきました。

ですが、そんな学生の意見は無視するわけですが
なぜ無視するのかと言うと

電子マネー自体が何か分かっていないからです(笑)

自分たちで使ったことがないので、どんな物なのか想像が出来ないんです。

人間って、想像できない物を否定するという悪い癖があります。

今どき、商店街でも電子マネーを導入してる時代です。

大学は、伝統や古い慣習が大好きな人たちの集まりなので
時代に追いついてなさすぎてヤバイなと真剣に思っています(笑)

  • 時代に追いついていけない
  • 新しい価値観を受け入れようとしない
  • 改善しようとしない
  • 今のままで十分だ

このように思っている大学は、いずれ廃れていく運命でしょう。

まとめ

大学職員として働いていてアナログに感じることは

  • 入学願書は郵送しか受け付けない
  • 練習用の履歴書も手書きで提出させる
  • レポートも手書きで提出させる
  • 食堂は現金しか対応していない

今回は「大学はアナログなことが多すぎる!時代に追いついてなくてヤバイ」をご紹介しました。

アナログな作業をしていることに気付いてない人が多すぎます。
効率化すれば早く仕事が終わるのに、効率化しようとすら思ってません。

とにかく大学職員も教授もアナログ人間が多いので
効率を求める人は、大学職員は向いていないです(笑)

以上、かなはんでした!ありがとうがらし!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA