輸出ビジネスセミナーに行ってきた友人の感想をシェアします!

この記事の著者

名前:かなはん 趣味:読書と映画鑑賞 肩書き:現役大学職員 勤務中に昼寝をするポンコツ上司に毎日イライラしながらも、謙虚に低姿勢に日々学生をサポートしている。「大学職員は副業禁止?そんなもん知るか!」精神で、在職中でありながらも、ネットビジネスで起業を始める。現在は、バレても大丈夫なように対策をしながら、外注化を駆使してアフィリエイトサイトを2つ運営中。外注化を開始して、たった1ヶ月で30名の外注さんを採用することに成功。自分の時間を一切使うことなく、記事作成をしている。自分と同じように「辛い仕事を早く辞めたい。」と思っている大学職員の方、日々お仕事を頑張っている方に有益な情報を公開しつつ外注化を薦めている。

最近知った、耳で聞ける神アプリ「オーディオブック」私にとって、本は睡眠導入剤的な存在でした(笑)でも、これなら電車の中でもどこでも聞ける。これで1日1冊、余裕で聞ける。

月額780円で何冊でも聴き放題。

30日間の無料期間もあります。本を読むことに対する苦手意識がめちゃくちゃ減りマウス。

オーディオブック聴き放題なら - audiobook.jp

------------------------------------------------

みなさん、こんにちは。

かなはんです。

今回は、AMAZON輸出塾のセミナーに行ってきた友人の話をご紹介します。

会場に到着

会場に到着すると、遠方からの人も含め男女(約30名)が集まっていたそうです。

「みんな稼ぎたいって思ってるんだな〜。」

と思いながら、しばらくしてセミナーが始まりました。

1人の司会らしき男性が部屋に入ってきました。

司会A

本日は、お集まり頂きありがとうございます。

司会のAと申します。

と軽く挨拶をして概要を説明し終わったところで

司会A

では、大きな拍手でお迎え下さい~!

と司会の人が言うと、2人の男性が入ってきました。

塾長B

このAMAZON輸出塾にお集まり頂き、ありがとうございます。

塾長のBと申します。

副塾長C

私は、副塾長のCと申します。

と言って、簡単な自己紹介から始まったそうです。

話を聞いていると、司会のAは、物流会社の代表である塾長のBと副塾長Cと提携して輸出ビジネスをしていることが、だんだん見えてきました。

AMAZON輸出塾の内容は?

セミナー内容を簡単に説明すると

「真剣に稼ぎたいと思っている人に、AMAZONを使って稼く方法を教えます。」

というものだったそうです。

ただ、セミナー時間が5時間もあったので

「5時間の間に洗脳されたら嫌だな。」

「詐欺じゃね?」

「勧誘されそうで嫌だな〜。」

など色々と悩んでいたそうですが、悩んでいても意味はないと思い、とりあえず行ってみたそうです。

行動力があって良いですよね。

途中、集まったお客さんに話を振ったりしながら説明は続きました。

友人は、今回のセミナーは、AMAZON直営のセミナーだと勘違いして行っていたそうなんですが

よくよく説明を聞いていると

友人

あれ?

AMAZONが直営しているんじゃないの?

なんだ〜。AMAZONの名前を使ってビジネスしてだけか!

と気づいたそうです。

実は、塾長Bと副塾長Cが経営している物流会社XがAMAZONのFBAを利用しているだけでした。

さらに、この物流会社Xと司会Aのインターネット関連サービス企業のコラボレーションセミナーでした。

友人

なんだ〜。

AMAZON直営でやってるものだと思って来たのに、全然違うじゃん。

サポート内容と入塾費用は?

司会Aから、サポート内容と入塾費用についての説明が始まりました。

サポート内容を話した後は、みんなが気になっている料金の説明が始まりました。

司会A

みなさんが気になる入塾費用を発表しま〜す!

と言って、費用やサポート期間の説明が始まりました。

司会A

今回は、会場のお客さま限定で特別価格でご提供します!!

友人

最初に高い金額を出しておいて値下げするという通販のやり口だ(笑)

司会A

この金額でも「まだ高いな〜」と思う方もいらっしゃいますよね。

今日はわざわざ交通費を使い、ここに来てくださったので

本日入塾して頂く方に限り、この値段にさせて頂きます。

サポート期間は、5.5か月間で、入塾費用は3パターンありまして…

  • 物販経験者向け:約50万
  • 輸出物販初心者向け:約65万円
  • 塾長のマンツーマンコース:約100万円

入塾後に継続してアマゾンFBAを使いたい場合は追加で

  • 物流(丸投げコース)利用:月額約2万円(塾生のみが利用可)
友人

う〜ん。値引きしても高いな(友人の心の声)

司会A

ご家族に相談したい方もいらっしゃると思いますが

興味のある方は、とりあえず申し込み用紙に書いて帰ってくださいね。

と言っていたそうです。

友人は、後日ネットで申込みできるのかと思ってましたが、その場で申し込みをするというシステムでした。

塾長B

もちろん、我が社も一部上場企業なので、キャンセルはお受けします。

30日以内でしたら全額返金保証もお付けしますよ。

という説明があったそうです。

友人

興味はあるけどな〜。

他の参加者は、どうするんだろ?

結構みんな用紙貰ってるけど、入塾するのかな?

ただ、申込み用紙を書いたとしても、入塾費用を振り込まなければキャンセル扱いになるそうです。

友人

とりあえず、用紙だけでも書いて提出しようかな?

と悩んだそうですが、個人情報を取られるのが嫌だったので辞めたそうです。

友人

後で電話かかって来そうだし、辞~めたっ!!

途中、休憩を3回ほど挟んで、お尻の痛さも限界に達したときに「AMAZON輸出塾」は終わりました。

セミナーに行ってみた感想

事前に色々と調べて行っていたので、ある程度の内容は把握していたそうです。

ですが、中には知らない情報もあって

「へ〜。そうなんだ!」

と知らない情報もあり為になったと言っていました。

AMAZON輸出塾で気になった点

今回、友人がセミナーに行ってきて気になった部分があったそうなのでシェアしておきます。

気になった点
  1. サポート期間終了後は、どうなるの?
  2. 売り上げが伸びないときのサポートはあるの?
  3. 売れ残った場合の倉庫保管手数料やキャンセル、返品の送料はどうなるの?

家に帰ってきてから、気になった点についてメールで質問をしてみたそうです。

友人

あれ?

司会Aのメアドしか書いてないなぁ〜。

塾長のBか副塾長のCに質問したいのに、何でメアドが書いてないんだろう?

と思ったそうですが

「とりあえず回答を得られたら良い」

と思い司会のAにメールを送ってみたそうです。

後日、司会のAからメールが返って来た内容を聞くと

司会A

入塾してからの回答になるので

次回セミナーに参加した際に、再度質問をしてください。

という返事で、質問に対する回答は一切なく、今は教えられないの一点張りだったそうです。

そこで、友人は

友人

さては、文章に残すと都合が悪いことがあるんだな?

と思ったそうです。

そして、質問に対する回答を聞きに、またセミナーに行くと言っていました。

実際に入塾したかどうかは、聞いてません(笑)

まとめ

AMAZON輸出塾は

  • 遠方からの人も含め男女約30名が集まっていた
  • セミナー時間は5時間

AMAZON輸出塾の料金は3パターン

  • サポート期間:5.5か月間
  • 物販経験者向け:約50万
  • 輸出物販初心者向け:約65万円
  • 塾長のマンツーマンコース:約100万円
  • 30日以内の全額返金保証あり&キャンセルも可能
  • 申込み用紙を書いたとしても、入塾費用を振込まなければキャンセル扱いになる

AMAZON輸出塾で気になった点は

  • メールの宛先が司会のAしか書いてない
  • メールの質問に対する回答は一切ない

私も輸出ビジネスに興味があったので、今回友人から聞いた話をまとめてみました。

「AMAZON輸出塾のセミナーに行ってみようかな?」

と悩んでいる人にとって有益な情報になってたら嬉しいです。

では、この辺で失礼します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA